2019年!美味しい大丸おせちを大特集

私は毎年こんな買い方をしています

私の地元福岡には大丸があって友の会会員には、10月になると新作おせち内見会の招待状が届きます。
お盆が終わったと思ったらもう新年の準備に何かと主婦は忙しいですね。内見会では、全国的に人気の老舗料亭や有名ホテルの逸品おせちから、洋風、中華風のおせち、少人数おせちなど、お客さまのスタイルに合わせた新作おせちが選べます。

私は内見会で品定めをしたのを大丸・松坂屋の通販サイトから注文します。
通販のメリットは割引や送料無料などの特典が付いているし、普段なかなか暖簾をくぐることができない名店・老舗のおせちを選べるのが好きです。

大丸特別企画おせち
大丸の人気企画が今年も発表されました。
和洋中華の達人とコラボした大丸自慢の企画が発表されました。
和洋中華の達人が大丸ファンのために新鮮な食材を厳選して、一品一品丁寧に造り上げたおせち料理を楽しめます。
この企画は例年、早期完売していますので、お正月はぜひとも達人のおせち料理を食べたい人は、早めの注文をおすすめします。

料理研究家:大原千鶴さんの和風三段おせち

料理研究家大原千鶴さん
和風3段おせち
どうです!このおせちの盛り付けの素晴らしいこと。
華やかに、軽やかに新年を寿ぐというテーマにふさわしいおせち料理だと思います。
選び抜いた新鮮な食材をふんだんに盛り込み、時代が求めるスタイルにアレンジした大原流和風おせち。
ご家族3~4人用で「お正月の雰囲気を楽しみながら、ご家族揃っておいしく食べられるお重を」という方におすすめの和風おせちです。

料理研究家 大原千鶴監修 しあわせおせち献立表

[一の重]

1.たたき牛蒡山椒風味
2.黒豆煮(金箔添え)
3.田作り
4.海老豆
5.菊花かぶ
6.車海老養老煮
7.紅白なます
8.いくら醤油漬
9.じゃがいも木の芽和え
10.紅白豆小板蒲鉾
11.市田柿
12.手綱こんにゃく
13.味付数の子

[二の重]

14.鶏照り焼き
15.焼き栗
16.美山荘しば漬チーズボール
17.だし巻き玉子
18.銀たら西京焼
19.国産牛やわらか煮 花びら仕立て
20.鮭幽庵焼き
21.牛肉野菜巻き
22.鶏ハム
23.茗荷甘酢漬
24.和風ローストポーク
25.合鴨ロース黒胡椒風味

[三の重]

26.昆布巻き
27.海老しんじょう
28.花麩
29.海老芋煮
30.たけのこ土佐煮
31.梅人参煮
32.絹さや煮
33.どんこしいたけ旨煮
34.わさび玉味噌
35.玉子の黄身の味噌漬
36.粟麩揚げ煮
37.鶏塩つくね
38.人参梅海苔和え
39.菜の花辛子和え
40.鯛南蛮漬

税込 27,000 円 (本体価格 25,000 円) +送料:税込 486円
詳細・ご注文ページに進む

和食・洋食を極めた達人のおせち料理:和・洋風 二段(4人用)

【大丸・松坂屋特別企画】和・洋風 二段
服部栄養専門学校の学長である服部幸雄さんと「あまから手帖」編集顧問 門上武司さん監修による豪華で贅沢な和洋おせち料理です。主原料には中国産食材を使わずに一品一品の食材を達人が厳選して盛りつけています。例えばおせちに欠かせない黒豆や栗には、京都の一流料亭で使われている丹波産を厳選。
和・洋風 二段

献立表

[一の重]

1.丹波黒豆煮(金箔添え)
2.味付数の子
3.田作り
4.丹波栗渋皮煮
5.五郎島金時きんとん
6.キングサーモン味噌漬
7.金柑蜜煮
8.車海老旨煮
9.鶏松風焼
10.<鈴廣>伊達巻
11.<鈴廣>紅白蒲鉾
12.高千穂郷産どんこ大葉しいたけ旨煮
13.芽慈姑

[二の重]

14.麻婆湯葉
15.麻婆生麩
16.くらげの頭とあんこうの黒酢南蛮漬 いくら添え
17.プライムローストビーフと彩り野菜のオリエンタル風
18.牛タン赤ワイン煮のピカタ
19.ロマネスコ
20.鮑の白ワイン蒸し
21.海老と子いかのガーリックオイル漬
22.チキンのトマト煮
23.レンズ豆サラダ
24.トリュフオムレツ
25.パテドカンパーニュのリエット
26.スタッフドオリーブ
27.スモークサーモンいぶりがっこクリームチーズ巻
28.帆立貝柱と蛸のルッコラソース和え
29.たらこ「月の桂」酒粕漬
30.野沢菜入りわさび漬
税込 30,000 円 (本体価格 27,778 円)
詳細・ご注文ページはこちら

今年の大丸おせちは!

ご注文締切日:平成28年12月22日
【お届け日】
冷凍おせち:平成28年12月29日・30日、生おせち:平成28年12月31日


大丸おせちを食べてみた口コミ

名前:noie21
おせちの価格:1万円~2万円(二人用)
評価:★★★★☆4

今年は夫婦二人だけだったの二人用のおせちを購入しました。毎年百貨店で買っていたのですが、今年はいろいろと忙しかったので初のおせち通販に挑戦・・・!
いろいろ探してみましたが数が多すぎてどれがいいのやら・・・(汗)、結局、主人と相談して去年も利用した大丸松坂屋さんでおせちを購入することに決めました。
量はそんなにいらないかったので、少なめおせちが用意されていたのは助かりましたね。
実際に食べてみても美味しかったです。解凍なども特に不便なくすることができました。

名前:senbiki
おせちの価格:2万円~4万円(3~4人用)
評価:★★★★★5

昨年も利用したのですが子どもが全然食べてくれなかったので
今年は洋風おせちに挑戦してみました!
和洋折衷で子どもには洋風おせちをメインに食べさせようと思ったのですが、
思ったより美味しくて私達も食べてしまいました(笑)
和風だけだとどうしても味付けが似ていて途中で飽きてしまうんですけど、
洋風料理があることで味に飽きずに食べられたのは発見でした。
来年もまた利用させていただこうと思います。

名前:taiyou
おせちの価格:2万円~4万円(3~4人用)
評価:★★★★☆4

おせち自体は見た目も綺麗で美味しかったです。
が、配送地域が限定されているのは少し残念だったのでこれがなければ星5でしたね。
東京や大阪などに住んでいる方なら注文後配送してもらえますが、地方住みの方にも全てのおせちを注文できるようにしてくれれば嬉しいです。

名前:tatara901
おせちの価格:2万円~4万円(3~4人用)
評価:★★★★★5

毎年、梅田の大丸松坂屋でおせちを注文していましたが、
年末の出産時期と被ってしまったために大丸おせち通販を利用させていただきました。
今年は両親もいるので4人前のおせちを注文。
なるべく添加物などが含まれていないものを探していたのですが、
ピッタリのものが見つかったのでよかったです。
味も濃すぎずに食べやすかったです。

大丸の歴史

現在では三越や伊勢丹、高島屋などの百貨店と並んで日本トップの百貨店になった大丸ですが、そのはじまりは1717年とかなり歴史のある百貨店です。高島屋が1831年、伊勢丹が1886年、三越が1673年から開業されているので2番目に古い百貨店だといえます。もともとは下村彦右衛門正啓が京都伏見の生家に古着商「大文字屋」として開業され、両替商を兼営しながら経営していました。1726年には心斎橋筋に進出し、728年に名古屋本町に名古屋店を開いて今の「大丸屋」となったようです。幕末には高島屋に対して、幕府側についたという話もあります。現在は大丸”松坂屋”と松坂屋の名前が付いていますが、これは2010年に松坂屋に合併したことが理由です。高度経済成長期には三越と並んで「西の横綱」といわれていましたが、バブル崩壊後は業績が低迷していましたが、その一方、2003年には札幌店を開店し軌道に乗、結果として改革は成功し、収益力を業界首位級に押し上げました。

毎年大人気の大丸厳選おせち

大丸松坂屋厳選おせち
大丸・松坂屋の自信作で、料亭おせちやホテルおせちを人数や予算に合わせて選べる厳選おせち料理。
二人用のおせち料理が10,800円というお得なプライスでお取り寄せできます。
昔ながらの味わいの和風とオリジナリティー豊かな洋風。厳選した素材をふんだんに盛り付けたしおせちは、品数も増えて19種類から選べますよ。
※配達区域は関東・関西のみです。
詳細ページ